brand story

「背負う」にこだわったかばんをつくりたい。

私たち生田は1950年に「かばんのまち」大阪市生野区でランドセルメーカーとして創業しました。
1970年代には大量生産に踏み切った時代もありましたが、「本当に良いランドセルをお客様に届けたい」という思いから、少数精鋭の職人による手作りの本革ランドセル作りに舵を切ります。
以来、流行を追わず、本革にこだわり、非効率ながらもすべての工程を自社生産し、手作りによる作り手の顔が見えるランドセル作りを追求してきました。
そして、初めてランドセルを背負ったワクワクを思い出させるような、「背負う」にこだわったかばんを作りたい、その志のもとに立ち上げたのが『IKUTA KABAN』です。

brand concept

Layers of Time
ストーリーをつなぐ

『IKUTA KABAN』がつくり出すのは、単に便利さとファッション性を提供するだけのかばんではありません。私たちの願いは、生田の歴史から誕生したこのカバンに、あなたの新しい想いとストーリーが積み重ねられること。
あなたの人生のように、かばんもあなたと一緒に長い時間をかけて少しずつ変わっていく。そしていつの間にか大切なストーリーが込められた特別なかばんになっているはずです。
そのために私たちは、長く使えること、スタンダードであることを大切にしています。
上質な素材を使い、『IKUTA KABAN』とあなたが一緒に時間の流れを感じ取れるものづくりを届けていきます。
普通のものが宝物になるように。

about ikuta randsel

ランドセルで人生を楽しく

IKUTA KABANを生み出した「ランドセル工房生田」は、お客さま一人ひとりの想いを大切にし、作り手の想いが詰まった手作りランドセルを70年間製作してきました。
生田のランドセルにはお子さま、ご家族、作り手、スタッフのたくさんの想いが重なっています。
生田にかかわるすべての人に「ランドセルで人生を楽しく」してもらいたいと考え、今日もランドセルを製作しています。